ネズミ駆除のプロに依頼してトラブル解決|対策方法を考える

女性作業員

スズメバチの脅威と対策

蜂

スズメバチの脅威

スズメバチが自宅の庭などにやってきて、外に出るのも怖いというのであれば、スズメバチを捕獲するトラップを仕掛けておくのもいいでしょう。最近ではスズメバチが都市部にも進出するようになっていて、都会で暮らしている人もスズメバチの被害は他人事ではなくなってきています。都市部に進出しているスズメバチとして知られているのが、キイロスズメバチという種類です。このスズメバチは他の種類に比べて小型なのですが、非常に攻撃性が高く危険です。また日本に生息するスズメバチの中では最も大型の巣を作り、中には周囲が一メートルを超す場合もあり、中にいる蜂の数も数千匹以上になる場合もあります。営巣初期の頃であれば、殺虫剤などを使用して退治する事も可能ですが、ある程度の大きさになったら、手出しをするのは危険です。市町村などによっては連絡すれば退治してくれますし、業者は全国的に存在しているので依頼すればすぐに退治してくれますので、自分では手出しをせずに専門家に任せるようにしましょう。

トラップの工夫

スズメバチが頻繁にやってくるような場合に、個人的にできる対策として人気なのが、スズメバチを捕獲するトラップです。これを仕掛ける際に工夫したい事がいくつかあります。まず仕掛ける時期なのですが、巣を作らせないという意味では早めの時期、4月から5月くらいに仕掛けておくのが肝心です。というのはこの時期に女王蜂が巣作りをするので、この際に女王蜂をトラップで退治してしまえば巣を作られる心配が減ります。また仕掛ける場所なのですが、中にいる蜂が溺れる前に倒したりすると生きている蜂が出てきてしまうので、人の手の届かない場所に設置しましょう。さらに、仕掛けた場合には定期的に中身を入れ替えます。中にはトラップいっぱいに蜂がかかる場合もあるので、溺れさせて退治、という事ができなくなってしまう場合もあるからです。